パソコン備忘録

-  |  次の5件 »

パソコンケースに5インチベイがない

パソコンケースを買いました。
価格も手ごろで8千円ちょっと。

それで、注文した後に気づいたのですが、
パソコンケース5インチベイがないことがわかりました。

そして、最近のパソコンケースを価格コムで見てみると、
5インチベイがないパソコンケースがあります。

注文するときに、仕様欄に5インチがないことには気づいてたけど、
まさか光ドライブを取り付けられないとは、思いもしなかった。

きょう、注文してたパソコンケース「ENERMAX ECA3290B (COENUS) ブラック」が届いた。

しかし開封せずに、5インチベイを装備してるパソコンケース
新たに注文しました。
これです。



外付けブルーレイドライブ買ったほうがよかったかな!

パソコンケース買うときには、5インチベイを確認したほうがいいですね。

2017-11-29 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャットダウンしても再起動 続編

シャットダウンしても再起動してしまう症状。

前回の続きです。

状況を突き詰めると、マザーボードか電源が再起動してしまう

原因であろうと思われる。

そして確立としては、バザーボード>電源

電源自体の不具合でシャットダウンしても再起動は、
やっぱり考えづらい。

ということでマザーボードが原因であろう。

ここで、ハードであるマザーボード本体が原因、
つまり、コンデンサなどの不具合かなと思ったけど、
その前に、ひょっとしてマザーボードを制御するBIOSかも!

と思い、BIOSの電源設定を触ってみた。

Power Managementで、PME Event Wake Up を Disabled に設定。

そしたら、ちゃんとパソコンがシャットダウンできるようになりました。

タグキーワード
2017-10-29 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャットダウンしても再起動してしまう

パソコンがシャットダウンしても、再起動してしまう。

そんな症状が出た。


OSはWindows10。
最初は、パソコン本体の電源ボタン長押しで、
強制終了してシャットダウンしたけど、
その後は、シャットダウン直後に再起動してしまう。

この症状は、アップデートの後だったので、
システムの復元を利用したけど、それでも直らない。


ネットで検索すると、

「起動と回復の設定を終了する」、
「電源オプション[高速スタートアップを有効にする]のチェックを外す」

の二つを試したけど、全く直らない。

セーフモードでシャットダウンしても、再起動してしまう。

結局、パソコン本体の背面の電源本体のスイッチをオフにして終了。

気になったのは、背面の電源本体のスイッチをオフにして、
その後パソコンを起動しても、エラー報告は一切ない。
これについては、友人が、
「Windows10は、そういう仕様だよ」と、教えてくれた。

セーフモードでもシャットダウンしても再起動する現象を見る限り、

どうやらハードの問題か。

というわけで、OSの入ってるSSDを外して、
パソコンの電源を入れて終了してみると、
やっぱり、シャットダウンしても再起動してしまう。

原因は、どうやらマザーボード
ユニット電源の可能性もないではないが、可能性としては低いだろう。

今思うと、夏の雷によるパソコン起動中の停電だろう。
LANポート死んで、LANカード使う羽目になったから。

ただ、このパソコンのマザーボードは、ソケットAM3+。
ネットで探してみたけど、ほとんどない。

あるにはあるけど、現段階では価格コムで、ほぼ20,000円の一つだけ。

中古で探しても、あまり見当たらない。

かといって、CPUを「Ryzen」すると、
CPU代、メモリ代、マザーボード代と出費が大きい。

CPUをAMD FX-8320に換えて1年ないのに。

しばらくはこのままで使うしかないかな。
年末のボーナスまで。

パソコン起動中の不具合は一切ないから。
今のところは。

それにメインパソコンがあるし。

タグキーワード
2017-10-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NTT西日本の経路情報が変わった

フレッツADSLの経路情報。

自分とこはNTT西日本だけど、久々に調べたら、
経路情報の値が変わってた。

以前はというか数年間は、
距離850m 伝送損失15db 

だったけど、今日調べたら
距離700m 伝送損失10dn

チェックシステムが変わって値が変わったのか?
それとも、
回線を引き直したのか??

って、測度調べりゃわかるじゃん!
そしてスピードテストの結果がこれです。
BNRスピードテスト
スピードテスト

あれ〜〜っ、よくなってる。
以前の経路情報の時は、25Mbpsを超えることはなかった。
でも今回は、25Mbpsを超えてる。

やっぱり電話回線引き直したのかな???


※参考までに。
私んち
距離:700m 伝送損失:10db

隣んち
距離:850m 伝送損失:25db

対岸の友達の家(小さな港町です)
距離:1220m 伝送損失:15db


ちなみに、私んちは、ADSLでインターネットするために
ADSL専用回線をひいて、
その後、自宅の電話回線をADSL専用回線に統合しました。

昔、電話があまり普及してない頃
私んちは自営業だったんで。電話があった。

思うに、
電話が普及しだして、そこのある電話回線から分岐して
回線をひいたからじゃないんだろうか!!!?

だからだろうか、基地局のわずか半径20mいないにある親戚んちは、
距離:610m 伝送損失:9db

ADSLの場合、
基地局からの直線距離と、実際の距離って、
かなり違うようですね。



タグキーワード
2017-08-31 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落雷で壊れたLANボード

お盆の夜、落雷で停電というか家のブレーカーが落ちた。

2台のパソコンのうち、メインPCは使用しておらず、
セカンドPCは、使用中にブレーカー落ちたからそのまま電源切れた。

ブレーカー戻して、パソコンの電源入れると
ネットにつながらず、フレッツADSLのモデム内臓ルータのランプが
いくつか消灯してた。

NTT西日本に翌日の夕方やっと連絡がついて
その翌日、修理に来てもらった。

ルータを交換しただけでネット回線復活。


モデムは、レンタルだったので修理費用なし。
ただ、モデム設定のOCNIDとパスワード設定で躓いた。

覚えていたはずのOCNのIDが、違う・・・
何かが違うようだけど・・・・・

よ〜〜〜く見ると、IDの○○○@ipcon.ocn.jp
じゃなくて
○○○@ipcon.ocn.ne.jp
だったことを思い出した。

そして、インターネットは回復したのだが、

バッファローの無線ルータにつなぐと、ネットにつながらない。
どうやらバッファローのルータが死んだらしい。
ネットワークを認識してない。

みため以上はないんだけどね。

それで、その前に使ってた有線ルータを引っ張り出して、
つないだら、ネットにつながった。

しかし、メインPCはネットにつながるもののセカンドPCは
ネットにつながらない。

どうやら、LANポートを見ると信号が光ってない。
LANボードが死んでる。
このマザーボード、以前に停電でLANポートが死んで
LANボードをつけてたんだけど、そのボードが死んでしまった。

今日、届いたLANボード(まったく同じボード)に付け替えると、
ネットにつながった。


そのほかに、バッファローの地デジチューナーが
B-CASの認証エラー。

チューナーが壊れたのか、B-CASカードが死んだのか・・・・

とりあえずネット回線が復活したんでよかったです。



タグキーワード
2017-08-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © パソコン備忘録 All Rights Reserved.
カエテンクロスSEOテンプレート
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます